ワキガ 女性 結婚

ワキガで悩む女性必見!!~結婚で生じる問題の最善策は?

ワキガ女性の結婚

ワキガを持っている女性が結婚する場合、
これからの結婚生活のことを考えて
悩まない人はいないでしょう。

 

特に、相手にワキガであることを話せていない場合、
付き合っている間にはなんとかごまかせても、
一緒に長く生活していく結婚生活では話が別です。

 

また、相手が既に受け入れてくれている場合でも、
長い結婚生活を送るうちに、不快な思いをさせないか、
愛想をつかされてしまわないか…と悩みは尽きないものです。

 

ワキガの女性は結婚できる?長く生活する上で、何か問題は?
ワキガのことで尽きない、ありとあらゆる悩み。
最善の方法を探ってみましょう。

 

隠して結婚したら、やっぱり気付かれる?

 

ワキガであることを隠して結婚した場合、
気付かれないで過ごすことは可能でしょうか?

 

ワキガの程度がかなり軽症であればまだしも、
やはり長い結婚生活で
ワキガを隠し通すことは不可能に近いでしょう。

 

ワキガは特有の臭いがありますので、
日々のケアだけで無臭にするのは限界がありますし、
梅雨の季節など、臭いがきつくなることもあります。

 

この場合は、結婚前に根本的な改善法として手術を受けるか、
それが無理なら、相手に伝える方がよいでしょう。

 

手術を選択する場合は、失敗や傷跡のリスクを踏まえて
よく考えることが大切です。

 

臭いのせいで結婚生活が難しくなる?

 

相手がワキガを受け入れてくれたとしても、
長い結婚生活、臭いが理由で嫌われたりしないか…
そう思い悩むこともあるでしょう。

 

しかし、ワキガでない夫婦でも、長く一緒に生活していく上では
いろいろな問題が出てくることもあります。

 

相手の嫌な部分が見えてきて嫌いになってしまうこともあり、
それはどんな夫婦にもあり得ることです。

 

相手が受け入れてくれているのなら、
素直に受け入れた方がうまくいくのではないでしょうか。

 

ワキガが子どもに遺伝したらどうしよう?

 

ワキガ辛い思いをしてきた女性なら、
将来子どもにワキガが遺伝したらどうしようと
心配になるのも無理はありません。

 

ワキガは遺伝の影響が大きく、
両親のどちらかがワキガであれば、およそ50%の確率で
子どもがワキガ体質になると言われています。

 

しかし、たとえあなたが重症のワキガだったとしても、
子どもは軽症であることもありますし、

 

子どもがワキガ体質で生まれたとしても、
ワキガを発症しない可能性もあります。

 

こればかりはその時になってみないとはっきりしませんが、
もし子どもがワキガになってしまった場合でも、
母親であるあなたが一番の理解者となれるのです。

 

ワキガの治療や改善法も、進歩し続けていますし、
その時になってみて、その時点で最善の方法を考えてあげよう、
というくらいの気持ちでいられるとよいですね。

 

ワキガについて理解してもらおう

 

ワキガで悩んでいる人は、軽症の人も含めれば
10人に1人と、意外と多くいます。

 

結婚生活を続けていくためには、
ワキガについてきちんと話して理解してもらうことが大切です。

 

ワキガは生まれつきの要因が大きく、
不潔だから臭いがするわけではないことを話し、

 

その上で、きちんと臭いケアして努力している姿を見せることで
より相手も受け入れやすくなり、
快適な生活を送ることができるのではないでしょうか。

 

ワキガ対策の一つとしてデオドラントを使ってみるのもいいかもしれません。
今なラポマインが人気のようです。

 

ワキガ対策にはラポマインの口コミを参考にして下さい。
きっとヒントが見つかるはずです。